さいじゅく延岡校の生徒(中学生も高校生も)が使っている「eトレ」について説明します。「授業では分かったつもりでも、テストになると解けない」ということはありませんか?その原因の一つに、演習量の不足が考えられます。授業で習った内容も、その後に問題演習をしなければ、身に付きません。

「授業」と「eトレ」は言い換えると「理解」と「練習」です。スポーツを例にとると分かりやすいのですが、例えば野球が上手くなりたいと思ったら、その近道は2つです。1つは先生(監督やコーチ)について正しいフォームを教えてもらうこと。そして、正しいフォームを理解したら、それを体に覚えこませるために、今度は自分ひとりで何度でも徹底的に練習することです。

スポーツでは練習が何より重要ということは、言うまでもありません。ところが勉強となると、先生に教わっただけで学力が身に付くと勘違いしている人が、とても多いのです。授業をしっかり聞いて、そのあとは「eトレプリント」でしっかりと問題演習を繰り返す。それが確実な学力アップへの一番の近道なのです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。